仏検1級結果 2018

今年はネットで申し込んだので、昨日の朝には結果が判っていた。予想どおり四捨五入して60点だった。

広告

仏検1級受験 2018

今年も会場は光華女子大学。腹ごしらえを兼ねて桂のミスドで最後の悪あがき。阪急で西京極に移動して徒歩で会場に。試験室に入れる30分前より少し早く着いたので、受験者・保護者控室(以前はこのような部屋がなかったような気がするが、以前、帰国子女っぽい子が2級を受験したので、新たに設けたのかも。)で少し休んで試験室に。受験者数28人(1人欠席)で、おっさん比率が下がっていた気がする。

大問8日本語要約が特に難しく感じた以外は例年どおりの難易度だった。何よりも登録商標 une marque (     )が答えられなかったのが痛恨の極みで、シンビンものだった。パリ条約原文を読む必要があるのか?

帰りに西京極駅前の回転寿司で自己採点と反省会。客観採点できる部分で46点、全体で四捨五入して60点くらいの出来だと思う。

別大毎日マラソンにノーベル賞枠を新設

別府大分毎日マラソン大会事務局はノーベル賞受賞者枠を新設すると発表した。これは、ノーベル医学生理学賞を受賞した、京都大学iPS細胞研究所所長・山中伸弥氏が同マラソンに今年出場し、話題を呼んだことからで、これまでの受賞者に招待状をすでに発送している。今年のノーベル賞受賞者にも招待状を送る予定で、来年の大会から出場が可能となる。仮にマラソン愛好家でもある村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞すれば、山中氏と「ノーベル賞対決」が実現するかもしれない。

一方、韓国人がノーベル賞をなかなか受賞できないことから、大阪の鶴橋や東京の大久保では「ヘイト大会だ!」と同大会を糾弾する、季節外れの「ノーベル症」騒ぎとなったが、大きな混乱はなかった。

また日本国憲法がノーベル平和賞を受賞した場合、招待状を誰に送るかは未定であるが、安倍首相は「意のままに憲法解釈できるのは私だけであり、私は日本国憲法のケンカ*だ。当然出場する」として、『立法府の長』らしく国会周辺でジョギングを始めている。これに対して立憲民主党の辻元議員は「何言うてんねん!ろくに漢字も読まれへんくせに勝手な憲法解釈するな!9条を守るんはウチらやで!」と息巻きランニングシューズを購入したという。

注) 「権化」を言い間違えたと思われる。

関連ニュース
首相、各自治体の朝鮮学校支援の実態調査を指示。場合によってはテロ支援自治体に指定も。
北朝鮮、金日成・金正日親子像をユネスコ世界遺産申請。体制維持に悪用か。

仏検1級受験 2017

今年の会場は葛野大路五条の光華女子大。京都外大は校舎の改修工事みたい。去年と同じく、直前の悪あがきする喫茶店がないので、試験の30分前に会場に入れるように自宅を出た。試験室は五条通りに面していたが気になるほどではなかった。1級受験者28人(欠席1人)、男性は9人くらいで私を含めて50過ぎのおっさんが多かった。女性は仕事でフランス語が必要そうなOLぽい人が多かった。

一昨年、去年と同じく惨敗だったので今回は自己採点すらしていない。とほほ。